ブログ

クライミングロープの選び方(性能比較)

おはようございます!

クライミングドットコムの笠井です。


クライミングロープの選び方ですが、以下の4点を気にして選んでいただけるとより性能を理解しながら、ロープの選定ができるのではないかと思います。


1)UIAA耐墜落回数が多い方がよい 

クライミングロープには、各種データーがあり選び方に迷う所ですが、私はずばりUIAA耐墜落回数の多さでロープを比較する事が明解なためオススメします。但し、比較にはロープ径が同じであることが条件になってきます。なぜならロープの径が違うとそれだけ強度なども変わってくるからです。性能を見極めるために迷ったら、耐墜落回数で判断して見て下さい。 

2)最大衝撃荷重の値の小さい物がよい 

UIAAの定める最大衝撃荷重(Maximum Impact Force)のテストのデーターが小さい物ほど、クライマーが落下した場合に、支点もしくはクラマーに受ける衝撃荷重の力の大きさが少なくなり(つまりロープの衝撃吸収力が高いので衝撃荷重の値が小さくなる)ので高性能のロープと見極めることが出来ます。 

3)防水(シールド)加工の有無と種類(加工なし、表皮、表皮と中芯) 

クライミングジムだけの使用なら防水加工は不要ですが、屋外でのクライミングでは、防水加工が必須です。発売されているロープには、防水加工の無いもの、表皮(シース)だけの防水加工、表皮(シース)と中芯(コア)の防水加工の3種類があり、当然、表皮と中芯の防水加工が施されているロープほど高性能になります。 

4)しなやかさ 

ロープの扱い易さは、ロープの持つしなやかさで決まります。結び目の結び易さや確保のためのビレー器具を扱う場合などしなやかなロープで有るか否かがポイントになります。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

営業時間:10:00~18:00
営業日:平日 月~金(土日祝日を除く)

ページトップへ